記事詳細

我が家で一番古い家電

 各家々に古くから残っている家電ってあるかと思います。今は使わなくなったブラウン管テレビや、ラジカセ・ワープロなどなど。その中で最も古い家電って何ですか?

 我が家では居間に古くから備え付けられ、幼い頃から家族の遷り変りを見続けてきたそれは、冷専と呼ばれる暖房機能の無い冷房専用のエアコンで、40年以上前に家を増築する際に設置されたものです。

 その冷却機能のみという単純な造りと、また母が冷房が苦手な為、真夏の特に暑いの数回しか使わない利用環境からか、40年以上もの間一度も壊れること無く、我が家の家族の変遷を見守ってきました。今年は母が腰に怪我をした為、居間で安静にしている時間が多く、恐らくこれまでで最も利用する回数の多かった年だと思いますが、無事今年の夏も故障する事無く夏を乗り切ってくれました。

建築に携わる私としては、「暖房も使えるし新しい省エネ対応の機種などに交換したら?」と申しますが、紐を引くとスイッチが入り、その紐でツマミによる強弱のダイヤルが切り替わるなど、単純な操作が高齢な母には使い勝手が良いようで、加えて今はちょっとお目に掛かれない木目調の外観など、この古き家電に愛着がある様で、来年もお世話になる事になりそうで、フィルターの掃除を行い、暫しの休息に入ってもらいました。

 

PAGE TOP ▲

CONTACT

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください。